FANDOM


Title01

Cut-01
Cut-01
105 main
Boxillust
BCBA-2749

キャラクターデザインの頭身をあげ、少し大人っぽい印象にした作品で、テレビ版とは雰囲気と異なる。設定は原作に準じており、『クラッシャージョウ』の劇中劇を除き、アニメ作品としては唯一ブラッディカードと2人の超能力が描写された。ただしムギはほぼアニメ版のまま(体色が黒に変更されたのみ)。

1985年12月にOVA作品としてビデオカセットで発売。1986年5月21日にレーザーディスクVHDビデオディスクで発売されて、1986年8月2日に劇場公開。

ビデオディスク化の際、日本サンライズ側の意向で大幅に作画のリテイクが行われている。カットやレイアウトなどに変更はなく動画枚数も同一でユリの顔を中心に作画修正がなされていた。ごく一部ではあるが新作カットも存在する[1]

音楽は国本佳宏が担当したが、サウンドトラック盤は未発売であり、入手できる音源はビデオソフトの初回限定版に添付されたシングルカセットのみである。(エンディングテーマソング「愛・everlasting」、挿入歌「ボークー・ド・ボヌール」の2曲収録。歌唱は槇奏子。)

あらすじ 編集

ミスニーという少女の保護を依頼されたダーティペア。しかし依頼人は殺され、星の実権を握る「AJディベロップ社」に目をつけられてしまう。ミスニーを探す2人に彼女がノーランディアの森にいるという情報が転がり込む。

スタッフ 編集

  • 原作:高千穂遙
  • 監督・絵コンテ・演出:奥脇雅晴
  • キャラクターデザイン:土器手司
  • 作画監督:清水恵蔵・小林ゆかり
  • メカニカルデザイン:石津泰志 
  • 脚本:伊藤和典
  • 美術監督:藤江優子 
  • 音楽:国本佳宏
  • 製作:日本サンライズ

主題歌・挿入歌 編集

  • エンディングテーマソング「愛・everlasting」:唄:槇奏子、作詞:今村未仁、作・編曲:国本佳宏
  • 挿入歌「ボークー・ド・ボヌール」:唄・作詞:槇奏子、作・編曲:国本佳宏


ゲストキャラクター 編集

脚注 編集

  1. 「ビデオ・ノスタルジック・シアター温故知新 VD版ダーティペア ユリ大量さしかえの謎!?」『マイアニメ』1986年7月号、秋田書店、pp.70-71.

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。